大信州豊乃蔵 槽場詰め 2020



私のラベル揮毫デビュー作が終売となってから、 ずいぶん時間がすぎてゆきましたが、 槽場詰め(ふなばづめ)での販売が、 限定的ではありますが、開始されています。 長野県内、地域、数量限定です。

青ラベル、赤ラベルが、年に一回づつ今後販売されます。

搾りたてのお酒をその場で瓶詰めされたものが、 槽場詰めです。だから、味わいがフレッシュなんですね。

今では、豊乃蔵は閉鎖されていますが、 リスペクトの意味を込めて、名前を残したそうです。 写真は、長野県飯田市の、 信州旨酒 加藤商店様より拝借いたしました。

一升 3,200円 四合瓶 1,650円 です。 例えば、札幌までの送料は、1,250円と、 少しかかってしまいますが、 よろしければ、ぜひどうぞお楽しみください。拝

http://katosyoten.com/recommend/toyono-aoifunaba-2020/

10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

個展について

皆様、いつもありがとうございます。  本日、札幌市のGo toキャンペーンからの除外についての検討を、北海道知事から発表されました。これ以前より、札幌市での感染者の増加に伴い、個展に関わる制作チームでよくよく話し合いを重ねた結果、今回は延期を決定いたしました。とても残念ではありますが、チーム一人ひとりの気持ちの一致したところというのは、何より安心、安全で、ご来場のお客様にお楽しみいただくことこそ