top of page

大信州豊乃蔵 槽場詰め 2020



私のラベル揮毫デビュー作が終売となってから、 ずいぶん時間がすぎてゆきましたが、 槽場詰め(ふなばづめ)での販売が、 限定的ではありますが、開始されています。 長野県内、地域、数量限定です。

青ラベル、赤ラベルが、年に一回づつ今後販売されます。

搾りたてのお酒をその場で瓶詰めされたものが、 槽場詰めです。だから、味わいがフレッシュなんですね。

今では、豊乃蔵は閉鎖されていますが、 リスペクトの意味を込めて、名前を残したそうです。 写真は、長野県飯田市の、 信州旨酒 加藤商店様より拝借いたしました。

一升 3,200円 四合瓶 1,650円 です。 例えば、札幌までの送料は、1,250円と、 少しかかってしまいますが、 よろしければ、ぜひどうぞお楽しみください。拝

http://katosyoten.com/recommend/toyono-aoifunaba-2020/

閲覧数:55回0件のコメント

最新記事

すべて表示

まずは、当サイトをリニューアルいたしました。 大きく変わったのは、お値段です。 ものによっては、 色々なご意見が出てくることも承知いたした上での改訂です。 昨今の社会情勢において、、、 といった言葉は使いたくないので、 このお値段あってこその、 制作の継続となってまいります。 私も、よりいっそうの研鑽を致してまいります。 ご理解のほどを伏して、お願いいたします。 また、少しだけページを節約したこ

今日は、お釈迦様がお生まれになられた日でした。 ちょうど10年前、 この日に合わせて「晨慶庵(しんきょうあん)」書道教室を開設致しました。 本当にたくさんの方々に支えて頂きました。 心より、感謝致しております。 振り返ると、書ききれないほどの事柄を思い出し、 あまりにも文章が長くなってしまいますので、機会があれば別稿ご参照頂きたく存じます。 昨年の個展の終了より、しばらくの間、 自身について深く考